浜松市・磐田市の注文住宅、リフォームなら三立木材

日常の何気ないひとときに
しあわせが溢れる暮らし。

年中快適、それだけで暮らしが自由になる。

体感:1ジメジメやカラカラがなく、
溢れる木の香と澄んだ空気が心地いい。

モデルハウス椿が、湿度を適切に調整し、梅雨時や夏のジメジメ感(多湿)や冬のカラカラ(乾燥)を解消して年中快適さを保てる秘密は、「壁」と「床」にあります。
まず、「壁」の内部には調湿性に優れた断熱材「セルロースファイバー」を採用。さらに、内装には珪藻土や漆喰などの自然素材を用いることで、体にやさしく快適な住まいを実現しました。一方、「床」には三立木材の標準仕様として、調湿性に優れた天竜杉を使用。梅雨時のジメジメした時期には杉材が湿気を吸収し、サラサラとした床の感触を楽しめます。また、冬には杉材が湿気を放出し、過乾燥を緩和してしっとりと暖かい空間を保ちます。
木と自然素材が織りなす空間は、1年を通じて室内を適度な湿度に保ってくれるだけでなく、家中が木の香に包まれて、身も心も癒してくれます。

体感:2隣家に挟まれた道路沿いの敷地でも
プライベートを気ままに満喫。

快適性は、温度や湿度を調整するだけで得られるものではありません。「音」への配慮も重要です。子どもの泣き声やピアノの音が近所に聞こえて迷惑にならないだろうかと心配したり、逆に屋外の騒音が気になったりすると、せっかく温熱環境が整っていても快適とはいえません。
また、周囲の視線が気になって庭に出づらかったり、カーテンを開け放って室内から庭の景観を眺められなかったりするのも残念なことです。そのため、モデルハウス椿は出入口や窓の位置を工夫して周囲の視線を閉じる一方で、開く部分は大胆に開いた設計で、周囲を気にせずどこでも気ままに寛げる環境を確保しました。
併せて、吸音性や防音性に優れた断熱材や窓を採用することで、屋外の騒音や室内の物音が気にならない静かな住まいを実現。子育てや家族の寛ぎタイム、睡眠など、日常を気ままに満喫できる暮らしが叶います。

体感:3素材の表情を知る。

本物の材を腕の確かな職人が加工することで、住宅素材としての新たな命が息づきます。
また、質感や色合いといった素材の表情を見極め、適材適所に用いてゆくと、上品で味わい深い空間が完成します。
常に視界に入る場所や、何気なく触れる場所に、木や自然素材が使われているだけで、そのやさしい表情やぬくもりに心が自然と癒されます。
自然素材は、日々を重ねるごとに、しっくりと暮らしに馴染んでいきます。

  • 職人さんが細工した椿の透かし模様
    職人さんが細工した椿の透かし模様
  • アンティークガラスを使った格子の内窓
    アンティークガラスを使った格子の内窓
  • 版築風の左官壁
    版築風の左官壁
  • 赤い井伊谷の土を使った土壁
    赤い井伊谷の土を使った土壁
  • 遊び心を加えたレトロなタイル
    遊び心を加えたレトロなタイル
  • 大黒柱の杉はめずらしい表情のものを
    大黒柱の杉はめずらしい表情のものを
  • 夜の姿が美しい町家の格子
    夜の姿が美しい町家の格子
  • 無垢の杉を使用した玄関戸と土壁
    無垢の杉を使用した玄関戸と土壁

体感:4裸足が気持ちいい、「天竜そだちの家」。

地元の風土、地元の気候のもとで生まれ育った木は、地元の家づくりに最も適しているといわれます。
温暖な気候に恵まれた天竜材は、雪による根曲がりが少なく、幹もまっすぐで節が少ないのが特徴です。また、ゆっくりと育つので、年輪がびっしりと詰まった粘り強い木になります。

さらに、三立木材では「木を“生きたまま”利用したい」という想いから、昔と変わりなく自社で自然乾燥を施しています。
自然乾燥した木材は、人工的に乾燥した木材と比べて耐久性や強度に優れています。もちろん色や艶、香りも格別で、建物の一部となってからも経年とともに味わいが深まります。

地元の豊かな自然の中ですくすくと育ち、無理のない形で乾燥を施した木が、確かな職人の手で製材・加工され、人々の暮らしの中で新たな命を授かり、蘇る。
「天竜そだちの家」、それは北遠のアインディティーです。

体感:5家事負担の軽減と、空間のつながりを重視

モデルハウス椿は、縦長の敷地を有効に生かすため、日当たりが良い2階の南面に浴室と洗濯室を設けてあります。また、室内干しを洗濯機のすぐ横に設けたことで動線が大幅に短縮され、家事ラクな暮らしを実現しました。
天気の良い日には窓を開けたまま外出することも可能です。さらに、洗濯室の床は格子状にして、上下階につながりを持たせました。
家事をしながら階下にいる家族の気配を感じとることができ、1階に光が木漏れ日のように優しく降り注ぎます。

体感:6日本の四季を愉しめる外構

車通りが激しい道路沿いの敷地は、入り口に門塀を立てて視線を遮ることもできますが、それでは住まいに閉塞感が生まれ、周囲とのつながりも断たれてしまいます。そのため、モデルハウス椿はプライバシーを確保しつつも町と共存できる工夫を施しました。
アプローチに高さの強弱をつけて植物をあしらうことで、空間に奥行きを持たせました。リビングの横の庭にはデッキを設けてあり、限られた敷地でも広がりが感じられます。そして、シンボルツリーには姫椿の樹を植えました。
初夏には、2階から白い可憐な花を愉しめます。

一生コストを考慮した「モデルハウス椿」

モデルハウス椿は、家族が健康に過ごすことができ、省エネで家計にやさしく、人も建物も長寿命な家として必要なスペックを十分に備えた建物です。
新築したばかりの建物が新しくて綺麗なのは当たり前ですが、年月とともに古くなり、見栄えが衰えて、いずれはメンテナンスが必要となります。モデルハウス椿は本物の自然素材をふんだんに用いたことで、住むほどに味わいが増し、経年美化を楽しめます。

  • 耐震等級3
    耐震等級3消防署や警察署等、防災の拠点となる建物の基準に相当します。永く安心して暮らすためには必要な性能です。
  • デコスドライ工法
    デコスドライ工法セルロースファイバー断熱材は原材料が新聞紙。断熱性はもちろん、吸音性にも優れ、木質繊維が吸放湿することで年間を通じて適度な湿度を保ちます。
  • 結露対策
    結露対策屋外の熱や冷気を遮断する断熱窓を採用。カビやダニの温床となる結露を低減でき、家族の健康や住まいの⾧寿命につながります。
  • 防腐防蟻処理
    防腐防蟻処理シロアリ対策は無農薬で自然素材のホウ酸をおすすめしています。ホウ酸は分解や揮発することがないので、一度処理を行えば効果が低減する心配はありません。
  • 全熱交換型換気システム
    全熱交換型換気システム断熱性と同様に気密性を高めたことで冷暖房効率がアップ。また、全熱交換型の換気システムを採用し、年中快適で室内温度差の無い環境を実現しました。
  • 塗り壁仕上げ
    塗り壁仕上げ外壁にはスサ入り漆喰と地元の井伊谷の土を用いた天竜壁を採用。室内はざらりとした珪藻土の塗り壁仕上げが特徴です。調湿性や消臭効果に優れてます。

宿泊できるモデルハウス

実際に体感して、住み心地を知ってもらえるようモデルハウス椿は宿泊体験ができます。
ご家族でご飯を作って食卓を囲み、お風呂に入って寛いでください。
木の香りや建具の感触、夜の表情、家事の動線など、暮らしてみてお気づきになるところがあると思います。

宿泊できるモデルハウス
●建坪:25坪/在来工法●敷地面積:31.6坪●延床面積:28.8坪(1階13.2坪、2階12.7坪)●駐車場1台
「椿」の見学・宿泊予約・資料請求はコチラ
お気軽にお問い合わせください
ページトップへ