浜松市・磐田市の注文住宅、リフォームなら三立木材

施主様インタビュー

リフォーム

色々な可能性のなかから選んだ、「住み継ぐ」という未来。

築35年が経ち、台所の床がブカブカし始めたのがきっかけで、
修繕を計画したHさんご一家。

ご夫妻は修繕にあたってリフォーム会社を何社か回り、LIXILのショールームを見学。その際に、「建て替え」でなく「修繕」という工事の可能性に大きな期待を感じたそうです。そして、今後30年間、ご家族が快適に過ごすためのリフォームを行おうと決断。その後、紹介を通じて三立木材と出会いました。

ご夫妻は、ご結婚を機に親御さんが用意してくれた現在の家で暮らし始めました。
建具職人だったお父様が地元の大工さんにお願いして建てた純和風の2世帯住宅は、上質な木材を使った立派な建物で、当時は何不自由なく暮らせたそうです。

しかし、キッチンが暗く、廊下を挟んだリビングとも離れていたこともあり、冬の寒さが身に堪えるのが難点でした。
そこで今回のリフォームでは、キッチンと和室の壁を思いきって取り払い、ひとつながりのLDKをつくって、ご夫婦の時間を増やそうと計画しました。

それ以外にも、キッチン、トイレ、浴室などの水回り工事と、収納を増やす工事も計画に含めました。

工事の開始に伴って、リビングの天井を開けたとき、家を支える大きな梁が見えて、感激もひとしおだったと語る奥様。
「想像以上に太い梁が私たち家族の暮らしを支えていたのだと知り、父が家族を大切にしていた想いが蘇ってきました。また、工事中、母が心配そうに現場をのぞいている様子を見るにつけ、何となく建具職人だった父の形見を傷つけているような感じがして、心が痛みました」

「慣れない仮住まいでしたのでようやくリフォームが完成し、慣れ親しんだ家に戻ると、“驚き”というよりも“我が家に戻った安心感”が何よりも大きかったです」とご主人。

リフォーム後の住まいは、間取りが変わって格段に住みやすくなり、家全体がキレイになりました。また、床には天竜檜、壁には珪藻土を用いているせいか、「室内に入って真っ先に、新しいのにどこか懐かしいような安心感に包まれました」と奥様。

お母様が家に戻り、ホッとした表情を浮かべた瞬間に、「このリフォームは大成功だった」と確信したそうです。

入居後は、ご主人がキッチンに立ち、居酒屋メニューを作りながら晩酌する機会も増えました。普段、奥様がキッチンで料理をしていても、「主人の気配を感じられるのがとても嬉しいです」と語る奥様。

【今回、H様宅が取得した住宅の補助金はこちら】
・ブロック塀等耐震改修助成事業 
・住んでよし、しずおか木の家推進事業
・木質バイオマス利用促進事業費補助金
・長期優良住宅化リフォーム推進事業

お施主様より家づくりの感想

リフォームにあたり、住宅雑誌やインターネットなどで色々なことを調べました。それらは確かに参考にはなりましたが、自分たち家族が実際に暮らす家なので、具体的な設備や間取り、デザインは、ショールームを見学して現物をしっかりと確認しました。また、三立さんのリノベーション見学会にも参加し、理想を具現化ができたことも良かったです。そして、私たちが考えたプランをプロの視点から色々アドバイスしてもらえたことも、とても頼りになりました。
三立木材のスタッフさんはいつも笑顔で、しっかりしている方ばかりでした。だから現場も安心して任せられました。三立さんの提案で補助金も上手に利用できたので、ブロック塀の
耐震改修工事や、地元の無垢材への床材の変更、長期優良住宅、ペレットストーブなど、お得で暮らしに役立つ仕様をプラスできたのも良かったです。そして、三立さんにリフォームをお願いしたおかげで、親への感謝と家族の大切さを再認識できたことが、最高のプレゼントだと思っています。

この物件の施工事例はこちら
ページトップへ