三立木材株式会社|天竜材の魅力が光る京の町家風住宅|建築会社・工務店

フリーダイヤル0120-336-460

お問い合わせ・資料請求


MIT DESIGN

リフォーム

FSCバナー

10smiles

ギャラリー

天竜材の魅力が光る京の町家風住宅

インタビュー

「三立木材さんの見学会で、1歩家に上がった時の床の感触が忘れられなくて……」と語る奥様。
それまでに大手のハウスメーカーやさまざまな住宅会社の家を見て回ったものの、ここまで木の心地よさを実感できた家はなかったとのこと。
それが家づくりのパートナー選びの大きな決め手となりました。

ご夫妻が希望したのは、木や自然素材を使った落ち着きのある家。待望のマイホームは、木の格子や鎧張りの外壁をアクセントに生かした京の町家風の外観が印象的。
玄関に入ると濃い色調の焼き杉風の柱や梁がインパクトを感じさせます。「元々私が木の家に抱いていたイメージは、祖母の家にあった『焼き杉の浮造りの鍋敷き』が原点なんです(笑)。だから、室内にも焼き杉風に着色した木をアクセントに生かしました」と奥様。

室内は、新しさの中にどこか懐かしさを漂わせた小粋な空間。無垢のナチュラルな佇まいに濃い色調の柱や梁、建具がよく映えています。
1階の床は玄関からLDKに至るまでご夫妻が見学会で気に入った杉の浮造りの板張りで仕上げてあり、夏はざらっとして涼しげな感触を、そして冬は柔らかで暖かい感触を楽しめます。

ご自宅に仲間や親戚が何かと集まる機会が多いというNさん。そのため、リビングの続き間の和室を玄関から直接出入りができるようにしたり、その和室を小上がりにしてイス代わりに腰かけられるようにしたり、キッチンの手元がリビングから見えないように腰壁の高さを工夫したりと細部に工夫を凝らし、ゲストもゆったり寛げる空間を実現しました。

建築中はしょっちゅう現場を訪れて工事の様子を見学し、その場で要望を伝えたこともよくあったという奥様。トイレの腰板の板を並べる順番まで現場に立ち会って自分で決めたそうです。

細部に至るまでこだわっただけに完成の喜びもひとしお。特に、地元材を使って家を建てられたことが大きな満足感につながったようで、「今でもよく覚えているんですが、上棟式の日に河島専務が『この家は天竜区から一度も出たことのない木でできています』という話をしてくださり、とても感激しました」と奥様。地元・天竜材でできた家への愛着とともに、地域への愛着も日毎に深まっていきそうですね。


  • ゲスト用と家族用に仕切った玄関

  • LDKは和のテイストで落ち着きを演出

  • 腰壁で手元を隠した対面キッチン

  • 奥様の使い勝手にぴったりのキッチン

  • 壁面収納の内部も美しい板張り仕上げ

  • 続き間の和室は玄関から直接出入可能

  • 京の町家を意識したオシャレなご新居

  • 奥様が杉板の並び順を考えたトイレ

  • 壁面収納の内部も美しい板張り仕上げ

  • 足触りが心地よい杉の浮造りの床

  • 軽食やお茶なども楽しめるカウンター

お施主様より家づくりの感想

「三立木材」の担当者さんは木が大好きな方で、いつも楽しそうに木の話をしてくれたので、私たちも木のことがいっそう好きになれました。三立さんは何でも言いやすいし、私たちが何か希望を伝えると、より良いものにして返してくれたところがよかったです。おかげで私たちの「好き」が沢山詰まった家を実現できました。また、工事が終わってしまうのが寂しく感じられるくらい家づくりを楽しむこともでき、皆さんに心から感謝しています。

TOPへ戻る